Top > 沖縄 青の洞窟 > 沖縄青の洞窟での小話

沖縄青の洞窟での小話

沖縄県国頭郡恩納村にある真栄田岬には、青の洞窟というダイビングスポットが地元のダイバーにも人気があります。青の洞窟ってなに?と思っている方もいるのではないでしょうか。水深30mの青の洞窟は、沖縄では「クマヤーガマ」と呼ばれています。昔は、台風などの自然災害時に漁師たちの船の避難場所として活用していました。洞窟の入り口から自然の光が差し込んで、真栄田岬の透明度の高い海水を通過して海底で反射した光がライトアップされたような効果となっていて、神秘的な光のイルミネーションを作り上げています。一日中同じ光ではなく、朝・昼・夕と洞窟内の青色にも変化があるので、3つの時間帯にダイビングを体験するのも良いかもしれません。1回目より3回目の方がダイビングも慣れてきているので、気持ちに余裕が出来て青の洞窟を堪能出来ますよ。是非、沖縄の青の洞窟でダイビングを体験してみませんか。
沖縄 青の洞窟なら経験豊富で実績も多いハイサイドがおすすめ!

沖縄 青の洞窟

関連エントリー
沖縄青の洞窟での小話
カテゴリー
更新履歴
昔に比べて商品の効果が高くなっている(2020年2月21日)
沖縄青の洞窟での小話(2020年2月 7日)
日中もよくスヤスヤと寝っているは4歳の体の老化が要因なの?(2019年12月18日)
詳しく知りたい結婚式でパラパラ漫画(2019年12月11日)
たった2本の線が口元に現れるだけでおばさんに認定されるリスクが嫌(2019年12月 7日)